ペットホテルの料金相場

ペットを飼っていて、急な外泊が必要な場合、ペットホテルを利用する飼い主が増えているそうです。
このペットホテルは、近年急速に増えている、ペット預かりサービスで、なかなか好評なそうです。
ペットホテルの宿泊料金は、一般的には、ペットの大きさにより区分されていることが多く、
犬なら、小型犬で3000円程度、中型犬で4000円程度、大型犬で5000円程度、
それ以上大型犬ですと6000円以上の宿泊料金がかかることがあります。
犬以外では、猫なら小型犬同様の3000円ほど、その他の小動物では1000円程度から
要相談・確認というスタイルが多いようです。
ペットホテルによって料金は異なるので、事前の確認が必要になります。

ペットホテルの宿泊事情

大抵のペットホテルは、出張などで数日の間宿泊させる場合、それ以上の長期宿泊となると、
料金が割引になるサービスが付帯していることがあります。
また、長期休業中、ゴールデンウィークや年末年始、お盆や、その他連休中の利用となると、
人間の宿泊施設と同じように、割増料金が発生する場合があるそうです。
最近では、部屋も人間同様にランク分けされ、
スイートルームは、スタンダードの倍程度の宿泊料が相場と言われています。
最近はペットシッターにお願いする飼い主が増えているそうです。
このベビーシッターならぬ、ペットシッターとはどのような職業なのでしょうか。

ペットのケアは住み慣れた自宅で

ペットシッターとは主に、飼い主の事情により、
ペットの世話が出来ない状態の時にペットのケアをしてくれる専門家の事を言います。
最近はペット同伴の宿泊施設が、以前に比べてだいぶ多くなってきていますが、
それでもまだまだ、規制が多かったり、大型犬は許可されないなど、ハードルが高い状態にあります。
そうなると、やむを得ない外泊をしなければならない時に
飼い主はペットホテルの利用を考えると思いますが、
急激な環境の変化に、ペットはかなりのストレスを感じる場合があります。
そんな時は、ペットを住み慣れた自宅へ置いておき、ペットシッターのサービスを受けることがよりベターです。
ペットシッターは、直接自宅へ訪問してくれるので、エサやりや、散歩などのケアも
いつもと変わらない環境で行うことができ、ペットへのストレスも最小限に留めることができます。
24時間のケアではなく、飼い主との間で決めた時間に、決められたペットのケアをしてくれるので
環境の変化がストレスになるペットに対しては、良いサービスだと言えます。

更新情報

2014/02/14
運営者情報を新規投稿しました。
2014/02/14
メールフォームを新規投稿しました。
2014/02/14
ペットホテルで利用できるサービスの情報を更新しました。
2014/02/14
ペットホテルの料金相場の情報を更新しました。
2014/02/14
初トリミング大成功の情報を更新しました。
△PAGE TOP